MT4(メタトレーダー)一覧

2020年の取引は終了!

2020年の取引は終了!

 

 

2020年のEAでの取引は12月18日で終了しました。

年末はクリスマス休暇もあり取引量が下がるので、値動きが自動売買向きではなくなります。

結果的にうごしておいた方が利益が出る年もあるでしょうが

勝算は通常の値動き時に比べかなり低くなります。

QuickShiftみたく、勝率を重視しない超長距離砲なら良いですが、大概のEAは勝率重視です。

一発大きいのを食らうと回復にかなりの期間を要します。

よって危険度が上がる時は稼動しないのが一番!

年始の稼動は6日、7日ぐらい相場を見て判断します。

年末年始は、じっくり来年の戦略でも考えましょう!

裁量トレーダーは、年末年始のその特有な値動きも果敢に狙って行くのかな?

 

 

 

 


やっぱり止めなきゃ良かった「Beatrice-07」と「Beatrice-ADX01」

やっぱり止めなきゃ良かった「Beatrice-07」と「Beatrice-ADX01」

 

「Beatrice-07」と「Beatrice-ADX01」ですが、調子いいですね!

実は2017年8月まで稼働してましたが、ちょうど不調期で止めてしまいました。

いつも皆様に、システムトレードは多少の好不調は気にしない見たいな事を言ってますが、自分自身が出来なく反省です(笑)

本当にシストレは、この判断が難しいですよね

よくシストレはメンタルが必要無いと言われますが、嘘ですよね!

この稼働続行するか止めるかが正にメンタルが絡む部分

自動売買の一番難しい所です。

 

「Beatrice-07」フォワード実績

Beatrice-07

 

「Beatrice-ADX01」フォワード実績

Beatrice-ADX01

 

ほんとうに止めた後から絶好調!

チキショー!(笑)

このEAメタトレーダーEAとしては、なかなか無い希少な損小利大ロジックです。

よって他のEAとロジックが被らすポートフォリオ効果は抜群です。

てな訳で稼動再開しました。

さて今度はドローダウンが来ても食らいついてられるだろうか?

 

Beatrice-07 公式ページ

Beatrice-ADX01 公式ページ

 

関連記事

「Beatrice-07」レビュー MT4では希少な勝てる損小利大EA?

Beatrice-ADX01 一度は見送ったがやっぱり良いかも!

 

 

 


ありゃりゃ「Scal_USDJPY」が早速やられた・・・

ありゃりゃScal_USDJPY早速!

 

稼働開始したばかりの「Scal_USDJPY」が早速やられてしまいました。

あれだけフォワードでも強かったのに

トホホ・・・

 

Scal_USDJPY20180316

 

 

3月から稼働開始したばかりの「Scal_USDJPY」ですが、 3月6日に初勝利を飾ったかと思いきや、3月13日のロングのエントリーは16日に見事に2発共やられました。

「Scal_USDJPY」レビュー記事はコチラ

勝率で稼ぐスキャルピングなので、早々負けてはならぬEAなのに、たった2セット目のエントリーで約100Pipsでロスカットと残念な結果となりました。

まだまだ稼働したばかりなので、ポジション取りがこちらのScal_USDJPY販売ページのフォワード結果と同様かチェックして見ると、販売ページのフォワードはポジションキープではありませんか!

どうも「Friday_Close」を「true」で引っかかった様です。

今回のドル円は105円でかなり抵抗しそうなので、その間の戻しで利確出来てたかもしれないので「Friday_Close」は要らなかったかもは後の祭り

 

ちなみに「Friday_Close」が「false」と「true」のバックテストはそれぞれ下記です。

 

「Friday_Close」が「true」の場合

「Friday_Close」が「true」の場合

バックテスト詳細はコチラ

バックテスト期間:13年2ヶ月
バックテスト時スプレッド:1.0Pips
プロフィットファクター:4.02
損益合計:6929.59ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:341.05ドル(1万通貨取引)
総取引回数:1280回

 

「Friday_Close」が「false」の場合

「Friday_Close」が「false」の場合

バックテスト詳細はコチラ

バックテスト期間:13年2ヶ月
バックテスト時スプレッド:1.0Pips
プロフィットファクター:5.85
損益合計:7922.95ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:511.63ドル(1万通貨取引)
総取引回数:1299回

 

損益合計もプロフィットファクターも「Friday_Close」が「false」の方が良いのですが、最大ドローダウンが大きくアップしました。

その結果リスクリターン率(累積損益÷最大ドローダウン)が20.3倍から15.4倍へダウンすることに。

やはりスキャルピングで週末ポジションを持ち越したくないのと、上記の結果を踏まえ、リスクリターン率を重視し、このまま「Friday_Close」は「true」のままで行きたいと思います。

今回のような、フォワードが絶好調なEAを購入し稼働した直後のドローダウンはあり得る事(笑)

気にせず、いつも通り淡々と取引続行です。

 

Scal_USDJPY公式ページはコチラScal_USDJPY | fx-on.com